処分も兼ねてCDを買取に出そう

CDを捨てるとお金がかかることはあっても、手に入ることは絶対にありません。しかし買取に出すことによって、少額でもお金が手に入る可能性はありますし、もしかしたら希少品が眠っていて驚くほどの金額で売れるかもしれません。

聞かなくなったCDを処分したいと考えているなら、それも兼ねて買取に出すといいでしょう。捨ててしまうと全くお金にならないどころか、量が多いと逆に費用を支払うことになってしまいます。それだったら、多少の手間をかけてでも売った方が絶対にお得です。

少しでもお金になるなら売るべき

自分の持っているCDが発売されてからある程度年数が経っている場合は、確かにそこまで高値では売れないかもしれません。ただ、少なくとも問題なく動作するCDであれば、少額でも値をつけてもらえることも多いですし、もし売れない場合でも無料で廃棄してくれる店舗が大半です。それに、買取枚数が多ければプラス査定をしてくれるので、1枚1枚は安値でもトータルだとそこそこの金額で買い取ってもらえる可能性もあります。

実は高く売れるCDかもしれない

昔のCDでも、初回限定盤や販売枚数が少なく市場にほとんど出回っていない物は、かなり高値で売れるケースも少なくありません。これはCDだけに限らず、ゲームやおもちゃや古本などにも言えることですが、希少価値が高ければ大昔の物でもプレミア価格が付く可能性があるのです。もちろん、自分が持っているCDの中にそういった希少品がある確率もゼロではありませんから、それを見逃さない意味でも買取に出すべきです。

面倒ならネット買取をしてもらおう

もし店舗までCDを持っていくのが面倒なら、ネットでの買取をしてもらうといいでしょう。パソコンやスマホで簡単に申し込みができますし、宅配や出張で買い取ってもらえるので手間がかかりません。

関連する記事